そそアンモナイトでやけっぱち   Leave a comment

つとにアンモナイトが愛おしくなるときってないかい?

っていうと北海道弁みないだけんど、許してちょ。

そそアンモナイトって北海道でも採れるらしいね、というか、世界的に有名って話ってご存知であろうか?

マニアの間隙では随分と涎ものと聴きました。

それほど愛好家がたっくさんいらっしゃるということでその世界もほんと未知なるかな、素晴らしいことだもんね。

だからといってアンモナイトばかりが愛好というわけでもなかろうもん、それだからこの世は未知数に満ち充ちしているでごんす。

さてとそろそろ中国への渡航を前に、もうちょびっと研究を重ねるとするか。え?なにをって。決まってます。アンモナイト~ですよ~。

広告

aseazone による Uncategorized への投稿 (Uncategorized)

むむむこのASEAなるもんはいったい・・・   Leave a comment

チョーシがいい。ASEAをのんでみてふっとカンジタことである。
いったいこの水ってば?そういう風に思ったのも束の間、勧めたひとも体調がよくなったという。
そのASEAとはイッタイゼンタイ、どんなオミズなんであろー。
ASEAはそもそも水ではなく、レドックス反応分子なるものというセツメーは受けた。つまりなんだ、細胞の老化に抗うアンチエイジングつーテーマに果敢に取り組んだ研究があってだ、そこから産まれ出ずる産物でもあり、そして目に見えないレベルのそう、仲介役みたいなハタラキをするらしいと聴いた。
米国からはるばるヒコーキなんぞに乗ってやってきたASEAなるそのウォーターは生半可な気持ちであれば飲まないほうがよい。つまりASEAはそれほどまでに貴重なケンコー体験をすべての人に与えるカノーセイに満ち満ちていると言っても過言ではない。
もちのろん、ヤクジホーとか色々あるのんで間違っても病気がよくなるよとは言えないんだけど、それでも結果を語ることはできるかもしれない。
とにもかくにも多々大勢の方がASEAをノンデ、あっと驚くタメ五郎のような感覚にとらわれていることもまた事実かもしれない。
ASEAをわが国に広げれば拡げるほど、老化に抗うレドックス反応分子が皆様方の寿命をも延ばしてしまうかもしれない。
とすればそれは驚異の製品ということとなり、ASEAが人類史上なしえなかった快挙をやってしまうかもしれないのだ。
まぁそれほどまでにアンチエイジングが重要であってケッシテ絵空事ではない!と言えるだよ。
はたまたASEAはまやかしか?常に批評家の眼を養って、世の中観なければいけないとはよく言ったもんだ。

 

aseazone による Uncategorized への投稿 (Uncategorized)

いっちょASEAなるもの試してみっか?アセアをね。   Leave a comment

チジンよりASEAなるしょーしょーしょっぱいお水を御紹介いただいた。

どうやら「アセア」と読むらしき。なんでも、そのASEA、レドックス反応分子というコムツカシイ理論のもとで海外、そう米国で創られたと聴く。いったい、レドックスとはなんぞや?アセアなるもん、ダイジョブ?と想ったのもマタ事実なり。

つうわけで新しもの好きな我輩はそれをば(ASEA)、ためしてみることに。なんでもチジンの説明に依るとレドックス反応分子とゆーのは、細胞レベルでの酸化、いわゆる老化を防ぐための化学反応を助けるハタラキをするとかしないとか。

おっかなびっくりでASEA(アセア)をオクチに含み、にゃんとも塩水っぽいことはいうまでもないが、ちょっと塩素かなにか入ってない?って感じでビミョーに違和感を感じた。それでも、知恵者のチジンが言うには、そのASEAをレーゾーコに突っ込んで冷やして飲むとまた格別というもんだから、真似てみた。

そうしたところ、ひんやりとASEAが舌を覆い、アジそのものが緩和されてなおよろし。ということで朝と晩、粛々とアセアを試すことに。ナニカカンジタ?と知人に聴かれたものの、正直なところ数日では我輩の身体に変化は感じなかったというのが正直なところ。

それからひと月、地味にひんやりと冷やしたそのASEAをもっかのところ継続して、ちょっとだけ感じ入ることがあったよ。おなかの体毛が増えた気がした。えーーっと思われるかもしれないけど、事実なんだなこれが。できれば、アタマのほーの毛が増えればいいものを。。。まぁそれはそれとして、体毛が増えたということはどゆこと?

チョット続けて飲んでみよう。そー想った。

レドックスハンノーブンシ、えらい結果が出るとまたいいのだが。。。

aseazone による Uncategorized への投稿 (Uncategorized)